Magic Johnson

マジック・ジョンソンのパスは多彩であり、誰もが予想しないパスをしばしば見せパスの技術について評価が高い。全く見ていない方向に繰り出す、いわゆる「ノールックパス」を得意とした。更にノールックパスをする選手の中でも、パスの前に2度3度とフェイクを入れたり、レッグスルーやハンドリングなどの複雑な動きを絡めたノールックパスは彼独自のものである。

ジョンソンはパス・アシストに才能を持っていたのみならず、オールラウンドな選手だった。1試合で得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショットのうち3つの部門で2桁を上げるトリプル・ダブルを、ジョンソンは生涯で138回記録している。